30代ニートがプログラミングを学んで就職した結果ww

就職/転職

・30代からプログラマーになって本当にやっていけるの?

・変な企業に就職したら苦労しそう…

えんじ猫
えんじ猫

30代からのチャレンジとなると、色々不安になりますよね。

この記事では、30代ニートがプログラマーとして就職して1年くらいまでの経過報告をしております。

結論

色々と苦労はありますが、プログラミングを始めて良かったと思う事が殆どです。

学び始めた時の状況

  • 30代前半
  • 実家暮らしニート
  • 3年以上の無職期間
  • Cランク私大卒(Fランかと思ってググったらCランク位らしい)
  • 文系(数学は苦手)

どうやって学習したか

N予備校のプログラミングコース(約1ヶ月)

プログラミング入門Webアプリコースを1ヶ月で終わらせて退会しました。

N予備校 プログラミングコース

私が入会したときは有料でしたが、今は無料で開放されているみたいですね。

GitやGitHubでのプルリクエストも学べたのでかなり実務で役立ちました。

実務でいきなりGit使えと言われても、中々ハードルが高いですから。

Java Silverの学習(約2ヶ月)

就職を意識して資格の勉強を開始。

あまりモチベが上がらなかったので、実際に動くものを作る方針に転換しました。

PHP(Laravel)で簡単なWebアプリを作る(約2ヶ月)

唐突に「やっぱりPHPの方が良いかも…」と思い、Laravelを触り始めました。

ただ「どんな言語でも大体一緒じゃん」という感じに、新しい言語への抵抗感が全くなくなったので、結果的に良かったかなと思います。

ググりながら何とかTODOアプリを作成しました。

どうやって就職したか

Wantedlyや転職サイトで「未経験OK」「入社ハードルがそこまで高くなさそう」「30代でも受け入れてくれそう」といった条件で求人を探しました。

選り好みできる立場でもないし、さっさと経験を積みたかったので、いくつか面接を受けて内定を貰えた受託&SES企業に入社を決定。

もうちょっと入社のハードルが高い企業を選んだ方が良かったかなーと、今になっては思います。

入社のハードルが低いと、どうしてもできない人に給与が引っ張られる感じがありますね。

就職してから苦労したこと

入社〜2ヶ月目(研修期間)

給料を貰いながら勉強できる有り難さが身に沁みました。

ですが、座学はやっぱり飽きます。
早くコーディングがしたくてウズウズしながらJava Silverを取得しました。

3ヶ月目〜6ヶ月目(実務)

テスターからスタートかな、と思っていたらいきなり開発案件にアサインされました。

入社前に独学で色々やってたのをアピールしたのが功を奏したみたいです。

案件の内容としては、結構古いレガシーなアプリの機能追加や改修…

技術的に難しいというより、既存のコードがクソすぎて手を加えるのにえらい手間が掛かる感じでした。

最初の3ヶ月くらいは覚える事も多くて大変でしたね。

昼休みも家に帰った後も勉強してました。

7ヶ月目〜現在

入社して1年経つぐらいになって転職を考え始めました。

というかプログラマーって、どんな案件でもやる事そんなに変わらないのでは?などと思ったり。

プログラミングに飽きた気がしなくもなくもない…

もっと上流工程とか企画の段階に関わる方が、絶対面白いだろうなと感じています

給料が思ったより上がらない

やっぱり受託やSESで未経験を積極的に採用してると、給料上がっても知れてますね。

そらみんな転職するわ…

まとめ

不満はあるけど概ね満足

給与面など不満はあるものの、元々ニートで悶々としていた事を考えると悪くないのかなーという感じですね。

多少の専門性も身につきましたし。

就職しても普通の事務の仕事だったら、スキル的には微妙ですからね。

ただやはり1日8時間労働はしんどいです…

みんなそんなにずっと集中してるわけじゃないし、5~6時間で良くないですか?

ってのを20代の頃からずっと思ってます。

何かしら自分でビジネスをやるなりして抜け出したいところ。

ということでザッとですが、まとめてみましたー

これからプログラミングを始める方の参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました