JavaとPHP どっちを選ぶべき?5つの視点で比較!

プログラミング

JavaとPHP、どちらも幅広いシーンで採用されているプログラミング言語です。

未経験の方が最初に学ぶ言語として、この2つが候補に上がってくる事も多いでしょう。

そこで今回は、様々な視点から比較を行っていきたいと思います。
初心者の方向けに難しい用語は少なめでお送りしますね😎

単価・案件数

レバテックフリーランスにて検索してみました。
(2020/06/06時点)

Java

PHP

Javaよりは少なめ

Javaは大規模な案件が多いということもあって、案件数も多くなりますね。

その他の言語(RubyやPython)で検索すると500件くらいでしたので、どちらも案件数は潤沢と言って良いのではないでしょうか

単価は似たりよったりですね。

習得難易度

取っつきやすさで言えばPHPですね。
Javaの方がルールが厳格な感じなので、最初は入って行きにくいかもしれません。

両者とも突き詰めると奥は深いので、難易度は気にしなくて良いかと。

その言語でしかできないこと

Java

Androidアプリの開発

PHP

WordPress(ブログなどに使われているPHPのプログラム)の改修
PHPしか対応していない安価なレンタルサーバーでプログラムを動かしたい場合

資格

同じレベルの資格で比較します。

Java Silver

受験料:¥26,600(税抜)

Javaの知識のみですが、そこそこ深く知識が問われます。
(狭く深い)

PHP初級

受験料:¥12,000(税抜)

PHPだけでなくネットワークやデータベース周りなどの知識も問われます。
(広く浅い)

受験料を自腹で払えと言われたら、私ならPHP選んじゃいますね。
Javaは税込みで3万近くと考えると高い…🤔🤔🤔

エンジニア間での評価

Java

Javaがしっかり理解できていれば、他の言語の習得も問題なく行える印象。

PHP

PHPだけしかできない人は若干下に見られる事もあります。
さすがに態度に出したりはしませんが…

この辺はPHP自体の成り立ちや、使われ方、仕様によるところもあるので、向上心を持って学ぶ姿勢があれば気にする事もないでしょう。

ただPHPから経験を積み始めた場合でも、キャリアのどこかでJava系の言語の経験を積んでおくと信頼感が増すのでオススメです。

総評:どちらも良い選択だと思います

最初に学ぶ言語としては、どちらも手堅いですし、大きな失敗は無いかと思います。

ある程度経験を積んだエンジニアなら、どちらもできる人も多いですからね。

「同じ山をどこから登るか」みたいなものなので、悩んでる間に登り始めちゃいましょう🤗

コメント

タイトルとURLをコピーしました