ConoHa WINGにSSH接続する方法を丁寧に解説(Mac版)

プログラミング

Mac環境での解説になります。
Windowsをお使いの方は適宜読み替えて進めてください。

また、2020年6月時点での記事となりますので、情報が古い可能性があります。

SSH Keyを発行する

まずConoHaコントロールパネルにログインしましょう。

①→②→③→④の順にクリックしてSSH Key作成画面を開きます。

登録方法 → こだわりがなければ自動生成

ネームタグ → 分かりやすい名前もしくはそのまま

にして、保存ボタンをクリックします。

保存が完了するとダウンロード画面になるので、ダウンロードしましょう。

このファイルを鍵として使うことでサーバーにアクセスすることができます。

秘密鍵を.sshフォルダへ移動する&権限付与

ダウンロードした.pemという拡張子のファイルを、
~/.sshフォルダに移動させます。

その前に.sshフォルダが存在するか確認しましょう。

下記コマンドをターミナルに入力すると、フォルダとファイルの一覧が表示されます

存在しない場合はmkdirコマンドでフォルダを作成しましょう

cd ~   ←ホームディレクトリに移動
ls -a  ←ファイル一覧を表示
mkdir .ssh  ←存在しない場合

ターミナルはMacの「アプリケーション」フォルダ → 「ユーティリティ」内にあります。

Finder上でドラッグ&ドロップしても良いのですが、今回はコマンドで移動させましょう。

コマンドで移動させる場合は、mvコマンドをターミナルに打ち込みます。

ターミナルはMacの「アプリケーション」→「ユーティリティ」内にあります。

mv ディレクトリ名/鍵ファイル名.pem ~/.ssh

例えば、ダウンロードフォルダに鍵ファイルを置いている場合だとこうなりますね。

mv ~/Downloads/鍵ファイル名.pem ~/.ssh

Permission Deniedというエラーが出る場合は、chmodコマンドでユーザーに権限を付与する必要があります。

700 = 所有者に読み/書き/実行権限を付与

chmod 700 ~/.ssh

秘密鍵ファイル自体にも権限を付与しておきましょう。

400 = 所有者に読み込み権限を付与

chmod 400 ~/.ssh/鍵ファイル名.pem

ターミナルからSSH接続する

SSH接続するにあたり、ConoHaコントロールパネルで先ほど登録したSSH Key情報を確認しましょう。

情報が確認できたらsshコマンドを実行して接続します。

コントロールパネルの情報を当てはめてコマンドを作成してくださいね。

ssh ユーザー名@ホスト名 -p ポート番号 -i ~/.ssh/鍵ファイル名.pem

こんな感じのコマンドになるはずです。

ssh c9988776@www10.conoha.ne.jp -p 8080 -i ~/.ssh/key-2020-06-18-12-38.pem

実行してこんな表示になればログイン成功です。

[c9988776@web0010 ~]$ 
えんじ猫
えんじ猫

けっこう大変だったにゃ…

記事を読んで分からない点があれば、Twitterやコメント欄で質問してくださいねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました